三重県北勢地区の施主支給ならマインドライフ 施主支給はマインドライフにお任せください!!

よくあるご質問

質問一覧へ 前のページへ

どのような支払い方法がありますか?
銀行振り込みとさせて頂いております。
当社指定口座へ受注受付期限までにお振り込みをお願いします。(受注受付期限を過ぎると自動的にキャンセルとなりますので、ご注意ください。)
※今後はカード決済およびクレジット決済も予定しております。
質問一覧へ

商品内容を変更したいんだけど?
ご発注前であれば可能です。
ご発注後はできる限り努力しますが原則不可能です。
質問一覧へ

商品の返品・交換はできますか?
納品後の商品に傷など問題がある場合はメーカーによる確認作業後、交換となりますが、返品はできません。(お客様の施工中の傷などは交換の対象外となりますので、あらかじめご了承ください。)
質問一覧へ

領収書は発行してもらえますか?
ご入金確認後、領収書を発行することが可能です。
お気軽にお申し付けください。
質問一覧へ

構造材の樹種には、どのようなものがあるのですか?
樹種としては、ヒノキ、マツ、スギ、ヒバ、ツガ、スプルース、ホワイトウッドなどの針葉樹です。
柱に使用する材料としてはヒノキ、スギが一般的です。
また、土台、梁など横材としては、ヒノキ、ヒバ、マツ、スギ、ツガが一般的です。
構造材には無垢材(むくざい)と集成材(しゅうせいざい)があります。
無垢材とは樹齢60年ほど経過した木材を人口乾燥したのち120mm×120mm角に製材した柱材など、1本の木から作られた材料を言います。
集成材とは数ミリから数センチにスライスした無垢材(ラミナーと呼ばれる木片)を接着剤で貼り合わせた材料を言います。
質問一覧へ

無垢材と集成材の特徴を知りたいのですが?
無垢材のいちばんの特徴は調湿機能です。
室内の湿度が高いと空気中の水分を吸い、乾燥していると木材内部の水分を適度に放出します。
次に意外ですが耐火性能です。
木は表面がある程度燃えると、黒く炭化した層ができます。
この炭化層が酸素を運びにくくするため、中まで燃えるのには時間がかかります。
一方耐火性能が高いと思われがちな鉄骨は、温度が加わると燃え尽きる前に曲がって変形してしまい、構造を保つことができません。
3番目に断熱性が高いということ。
コンクリートは木の約10倍、鉄は約500倍の熱伝導率で、木に比べて断熱性が低いことがわかります。
4番目に科学物質によるアレルギーの心配がなく手ざわりの心地よさ、質感のやわらかさなど木の風合いが人の心をなごませてくれます。
一方集成材は数ミリから数センチの木片を何層にも貼り合わせているので、無垢材に比べ曲がったりゆがんだりしにくいのが特徴です。
目にふれる部位に見栄えのよい木材を貼り合わすことができるため見た目がきれいで、機械による大量生産品なので品質が安定しています。
集成材は接着剤を使用しているため無垢材に比べ調湿機能や耐火性能、質感が劣る反面、強度や品質が安定しています。
質問一覧へ

羽柄材とは何のことですか?
羽柄材とは壁内部に使用する間柱、筋かい。屋根に使用する垂木、野地や床合板など下地に使用する補助材などを総称して羽柄材と言います。
又、構造材とは土台、柱、梁、桁など住宅の骨組となる材料をいいます。
質問一覧へ

質問一覧へ 前のページへ



マインドライフ
Copyright (C) 2011 マインドライフ. All Rights Reserved.