三重県北勢地区の施主支給ならマインドライフ 施主支給はマインドライフにお任せください!!

BARGAIN SALE

 

 

~ 耐震性能を揺らして診断 ~

 

 

 

 

【耐震性能測定とは・・・?】

木造住宅に震度1~2程度の微振動をかける機械(起振機)を使い、実際にゆらして耐震性能を測定します。

木造住宅に微振動をかける機械(起振機)を使うと、木造住宅の強度や建物バランスなどの耐震性能を調査することができます。
起振機による調査は、新築であっても起こり得る偏心率の高い建物提供を未然に防ぎ、リフォームでは、補強前と補強後で補強による効果を数値とグラフで確認できます。
起振機による調査は、低コストで耐震性能の高い建物を提供し消費者に信頼と安心をお届けします。

 

木造住宅は強度が不足しがちと言って耐力壁を多く入れる傾向があります。しかし、むやみに耐力壁を入れても強さのバランスが悪い(偏心率が高い)建物を作ってしまいます。これでは、コストが上がるだけで逆効果となってしまいます。また、事前に耐震診断を行い、耐力壁をバランスよく配置している建物にもかかわらず、起振機を使ってバランスを確認すると偏心の高い建物であったりすることがあります。これは、木造住宅(木造軸組住宅)の構造特性に原因があります。木造住宅は、軸(「柱」と「梁」)を組み合わせて壁を作ります。この作られた壁が軸の組み合わせ方により、地震の揺れに対して期待するような効果を発揮しないときがあるからです。したがって、せっかく耐力壁があるにもかかわらず耐力壁が有効に機能しない場合があります。

 

【起振機による耐震診断】
起振機による調査は、
  低コストで耐震性能の高い建物を提供し
    消費者に信頼と安心をお届けします。
起振機診断装置
木 造住宅では強度が不足していると耐力壁を多く入れる傾向があります。しかし、むやみに耐力壁を入れても偏心率が高くなりバランスの悪い建物を作ってしまいます。これでは、コストが上がるだけで、せっかくの補強工事が逆効果となってしまいます。また、事前に耐震診断を行い、耐力壁をバラ ンスよく配置している建 物を起振機を使ってバランスを確認すると偏心の強い建物であったりすることもあります。これは、木造住宅(木造軸組住宅)の構造特性に原因があります。木 造住宅は、軸(「柱」と「梁」)を組み合わせて壁を作ります。この壁が軸の組み合わせ方により、期待するような効果を発揮しないときがあるからです。 したがって、せっかく耐力壁があるにもかかわらず耐力壁が有効に機能しない場合があるからです。起振機診断は、実際に建物に微振動を与えて揺れ方を計測するので確実に建物の揺れ方の特性を確認することができます。

水平起振機
共振加振
診断中のモニタ 起振機による計測風景
共振点グラフ 偏心グラフ
共振振動数
建物が最も大きる揺れる周波数を表すグラフ
北側と南側の変位量
偏心率が高く、揺れの大きさの違いを表したグラフ

 

 

【起振機による耐震診断】

起振機診断に興味のあるサークルやグループへは起振機の出張デモンストレーションを無償実施いたします。(5名以上の個人や団体、サークルなどグループの目的は問いません。)

また、トーカーイプレカットご利用のお客様で起振機による診断を希望するお客様には起振機による耐震性能測定サービスを実施しています。

 

お問い合わせ

   【トーカイプレカット】
  TEL:059-394-6630

起振機診断の詳細はこちら→http://mindsoft.jp/taishin


マインドライフ
Copyright (C) 2011 マインドライフ. All Rights Reserved.