三重県北勢地区の施主支給ならマインドライフ 施主支給はマインドライフにお任せください!!

地震対策がまだお済でないあなたへ。

☆補強工事を行いたいが、補強の効果が判らないから迷っている方。
実際に建物に微振動をかけて、機械で揺れの状態を計測する起振機診断を使用すれば、補強前と補強後に機械による測定をすることで、補強の効果を確認することが可能になります。

☆工事は仮住まいや荷物の移転が大変と感じている方。
耐震補強工事は一般的に①基礎の打ち増しをする。②耐力壁の追加や既存壁を強くする。③壁量のバランスを良くする④重い屋根を軽い屋根に変更する。などです。
このうち、①と④は、荷物の移動や仮住まいが発生しますが、②と③の場合、一般的には内部より壁を壊して補強工事を行いますが、壁を壊さずに内部よりアラ ミド繊維で補強する方法や、外部より補強工事を行う方法があります。この方法だと荷物の移動などはあまり発生しません。また、リフォームを予定している方 は、耐震補強工事を同時に行う事で費用を抑えることができます。

☆部分的に壊れても倒壊しない程度の補強で工事費を安くしたい方。
市町村で実施している耐震診断の診断結果より、倒壊しやすい建物かどうかをチェックしてください。
(昭和56年以前の建物の場合、市町村で無料の耐震診断を行っています。該当する建物を所有していて、まだ診断を受けてない方は、この機会にぜひお受けください。)

① 診断項目B×C(偏心)のX軸方向、Y軸方向の偏心率が0.15(15%)を超えていないかチェックしてください。
偏心率とは、建物の重さの中心と強さの中心のズレを表しています。この値が15%を超えると地震発生時に建物がねじれる現象が発生します。東西南北の揺れのバランスを整える補強を行います。

※建築基準法:2000年(平成12年)の建築基準法改正において、木造住宅では『偏心率は0.3以下であること』と規定されました。

② 診断項目D×E(水平抵抗力)のX方向、Y方向の評点が1.0になっているかチェックしてください。この値が1.0に満たないと一番ストレスのかかる部分から破損が発生します。
水平抵抗力とは、地震の揺れに対して抵抗する力(壁量)が基準値を満たしているかどうかです。耐力壁の追加や既存壁の強さを上げる補強を行います。

※建築基準法:1981年(昭和56年):重い屋根の場合、必要壁量を1階部分で床面積1㎡あたり33㎝、2階部分で1㎡あたり21㎝と規定されました。 また、軽い屋根の場合、1階部分で床面積1㎡あたり29㎝、2階部分で1㎡あたり15㎝と規定されました。

③ 確認申請図面から把握できない耐震診断の注意点。
木造建築の場合、地震発生時に図面からでは把握できないような揺れ方をする場合があります。これは軸と軸(柱と梁や梁と梁)の組み方によって揺れが均一に伝わらないからです。このような事は建築確認申請や一般的な耐震診断では把握できません。
(構造材軸組図面があれば、ある程度揺れ方を予測する事は可能ですが、軸と軸が反発しあったり、揺れを吸収したり複雑な動きをするので図面上で把握するのは難しいです。) したがって同じような診断結果でも、実際に揺らしてみると建物の軸組構造によって、揺れの大きさが変わったり補強する所が変わったりします。言い換えれば
建物の揺れ方がわかれば補強工事を的確に行うことができます。

【安価な倒壊しない補強工事】は、
  B×C(偏心)とD×E(水平抵抗力)に加えて
    構造材の軸組(軸組伏図)を考慮した
     補強工事を的確に行う事が重要です。

【工法による違いと費用】

耐震:建物を硬く固定することで地震の揺れに耐える工法。
   地震の揺れは軽減されません。
   地震の揺れが直接内部へと伝わります。
   家具の転倒などの二次災害は避けられません。
   筋交いや合板による壁を硬くする補強を行います。

制震:建物の一部に揺れを吸収する装置を付けて地震の揺れを抑える工法。
   地震の揺れを20%〜50%吸収します。
   地震の揺れを軽減するので二次災害も低減します。
   揺れを吸収する制震金物を梁や柱に取り付ける補強を行います。

免震:建物と基礎の間に揺れを吸収する装置を付けて揺れを吸収する工法。
   地震の揺れを85%〜90%吸収します。
   建物内の揺れはほとんど吸収されるので二次災害も回避できます。
   しかし、300万〜500万くらいの多額の費用がかかります。
   建物を免震装置の上に乗せる工事を行います。

制震金物

【パワーガード】


水平方向の力を吸収し、振動エネルギーを特殊な金物により熱エネルギーに変換して揺れを吸収します。性能は半永久的に1/10rad(ラジアン)まで粘り強く衝撃吸収能力を発揮します。
(財)日本建築防災協会 住宅防災技術評価認定 DPA-住技-8
1/10rad(ラジアン)とは、高さ3mの柱の上部が30cm動いた状態です。
木造住宅は1/10radを超えると倒壊するといわれています。【木造住宅の倒壊限界:1/10rad

パワーガード

パワーガード構造
【K・ブレースSiB】  
地震の揺れに耐える【剛性】と揺れを吸収する【柔軟性】この相反する特性を両立させたシステムです。
「剛性」:国土交通大臣認定 壁倍率3.9倍
「柔軟性」:強い揺れ(震度5以上)に効果的に水平方向の力を吸収し、振動エネルギーを減衰させます。
最大耐力29kNを有し、建物の変形を最小限に抑え、内外装の傷みを防ぎます。
東京工業大学の建築物理研究センター笠井和彦教授・坂田弘安准教授のグループとの産学共同開発で商品化された制振装置です。
最大荷重10kN以上と、非常に高い耐力を示しました。これは壁倍率5倍に相当します。本データは同一フレームにおける3回目加震時に収集したものです。 にもかかわらず、グラフは、加震終了時に変位振幅無しの状態に戻っています。これは繰り返しの地震においても衝撃吸収能力を発揮し続けることを意味しま す。

 

 

 

 

 

 

 

 

K・ブレースSiB試験データ②K・ブレースSiB試験データ①

K・ブレースSiB
 
   
【アラテクト】  
アラミド繊維に樹脂を含浸させ、厚さ1mm以下の薄い板状にしたシート。
アラミド繊維は、引張強度が鉄の約7~8倍で、建築土木分野では、橋脚補強、特殊クレーン用ケーブルなどでの使用実績があります。
(財)日本建築防災協会 住宅防災技術評価認定 DPA-住技-64
アラテクトの特徴① アラテクトの特徴④
アラテクトの特徴②
 
 
アラテクトは解体工事が不要で、厚さ1mm以下の軽いアラテクトシートを既存の室内壁※の上から座金・ビスで固定するだけ。耐震補強工事もカンタンなため、最短3日の工期を実現。短期間で耐震改修工事が可能なので仮住まいや荷物の移動などの負担が少なく、耐震改修を行うことができます。
 
アラテクトの特徴③
アラテクトの壁基準耐力は、一般壁部5.3kN/m、入隅壁部4.9kN/m。これは、新築住宅の壁倍率2.5倍に相当します。 アラテクトの特徴⑤
アラテクトの特徴⑥
【起振機による耐震診断】  
起振機による調査は、
  低コストで耐震性能の高い建物を提供し
    消費者に信頼と安心をお届けします。
起振機診断  
  起振機診断装置
木 造住宅では強度が不足していると耐力壁を多く入れる傾向があります。しかし、むやみに耐力壁を入れても偏心率が高くなりバランスの悪 い建物を作ってしまいます。これでは、コストが上がるだけで、せっかくの補強工事が逆効果となってしまいます。また、事前に耐震診断を行い、耐力壁をバラ ンスよく配置している建 物を起振機を使ってバランスを確認すると偏心の強い建物であったりすることもあります。これは、木造住宅(木造軸組住宅)の構造特性に原因があります。木 造住宅は、軸(「柱」と「梁」)を組み合わせて壁を作ります。この壁が軸の組み合わせ方により、期待するような効果を発揮しないときがあるからです。 したがって、せっかく耐力壁があるにもかかわらず耐力壁が有効に機能しない場合があるからです。起振機診断は、実際に建物に微振動を与えて揺れ方を計測するので確実に建物の揺れ方の特性を確認することができます。
 
起振機
水平起振機
共振加振 起振機診断
診断中のモニタ 起振機による計測風景
共振点グラフ 変位グラフ
共振振動数
建物が最も大きる揺れる周波数を表すグラフ
北側と南側の変位量
偏心率が高く、揺れの大きさの違いを表したグラフ
※出張デモも行っています。

 

 【株式会社 マインドソフト】
    TEL:050-5835-2356

   起振機診断の詳細はこちら→http://mindsoft.jp/taishin

   

Tags: , , , , , , ,
マインドライフ
Copyright (C) 2011 マインドライフ. All Rights Reserved.